ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
フロントページ > 組織でさがす > 総合政策課 > ワンストップ特例制度について

ワンストップ特例制度について

印刷用ページを表示する 掲載日:2022年4月28日更新

ワンストップ

 

 

 

 

 

 

 

 

ワンストップ特例申請制度とは

 確定申告を行わない給与所得のみの方などが、ふるさと納税を行う際に、個人住民税が課税されている自治体に対する寄附控除の申請を、寄附先の自治体が寄附者に代わって申請できる制度です。
 ワンストップ特例申請書及び必要書類を寄附先の自治体に提出いただくことで、確定申告することなく、翌年度の個人住民税について寄附金控除を受けることができます。
 寄附した翌年の1月10日までに寄附先の自治体へ提出する必要があります。

対象者

 次のいずれにも該当する方が対象です。

(1)地方税法附則第7条第1項(第8項)に規定する申告特例対象寄附者であること

 寄附金控除を受ける目的以外で所得税や住民税の申告を行う必要がない方。
 確定申告を行わなければならない自営業者の方や、給与所得者であっても医療費控除等で確定申告を行う方などは、本制度の対象となりません。

 (2)地方税法附則第7条第2項(第9項)に規定する要件に該当する者であること

 年間の寄附先自治体が5自治体以下である方。

手続き方法

 寄附申し込み時に、ワンストップ特例制度を利用する旨をご記載ください。
 「寄附金受領証明書」の送付と併せて「申告特例申請書」を送付します。
 以下の書類(マイナンバー、本人確認書類)を添付いただき、申請書の必要事項を記入のうえ、丹波市役所までご返送ください。
 申請書の受付後、電子メールを送ります。
 ※寄附した翌年の1月10日までに寄附先の自治体へ提出する必要があります。
 
 提出にあたっては、切手不要の返信用封筒をご活用ください。

手続き状況の確認

 申請書を受理しましたら、登録いただいているアドレスへ電子メールでお知らせいたします。 
 ワンストップ特例の手続き状況は、ふるまど(https://furusato-madoguchi.jp/service/tamba/)でもご確認いただけます。

様式

特例申請書 [PDFファイル/252KB]
変更届出書 [PDFファイル/44KB] ※申請書の内容に変更が生じた場合に提出ください。
返信用封筒 [PDFファイル/47KB]

必要書類

 「個人番号(マイナンバー)確認の書類」と「本人確認の書類の写し(コピー)」を申請書と一緒に郵送してください。

(1)「個人番号カード」を持っている人は

(1)「個人番号カード」の裏面のコピーと(2)「個人番号カード」の表面のコピーを提出ください。

(2)「個人番号カード」はないが、「通知カード」を持っている人は

(1)「通知カード」のコピー と
(2)いずれかの身分証のコピー(※写真が表示され、氏名・生年月日または住所が確認できるもの)を提出ください。
  ・運転免許証 ・運転経歴証明書 ・旅券(パスポート) ・身体障害者手帳 ・療育手帳 ・在留カード
  ・特別永住者証明書 ・精神障害者保健福祉手帳

(3)「個人番号カード」・「通知カード」のどちらもない人は

(1)個人番号が記載された「住民票」のコピー と
(2)いずれかの身分証のコピー(※写真が表示され、氏名・生年月日または住所が確認できるもの)を提出ください。
  ・運転免許証 ・運転経歴証明書 ・旅券(パスポート) ・身体障害者手帳 ・療育手帳 ・在留カード
  ・特別永住者証明書 ・精神障害者保健福祉手帳