ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
フロントページ > 分類でさがす > 市政情報 > 市政 > 地方創生 > 第1期丹波市人口ビジョン・丹波市丹(まごころ)の里創生総合戦略について

第1期丹波市人口ビジョン・丹波市丹(まごころ)の里創生総合戦略について

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年11月25日更新

2060年の丹波市の将来像: 市民一人一人が個性と持てる力を発揮し、持続的に発展するまち

 平成26年11月に、「まち・ひと・しごと創生法」が制定され、急速な少子高齢化、地方人口の減少、東京圏への人口集中の是正など、喫緊の課題に対し、豊かで安心な生活を営める地域社会の形成・地域社会を担う人材確保・地域における就業機会の創出を一体的に推進することとなりました。

 国は、「まち・ひと・しごと創生法」に基づき、2060年に1億人程度の人口を維持することを目指し、日本の人口動向を分析し、将来展望を示した「まち・ひと・しごと創生長期ビジョン」と、今後5ヵ年の政策目標、施策をまとめた「まち・ひと・しごと創生総合戦略」を閣議決定しました。
 それに伴い、地方自治体においては、地方人口ビジョン・地方版総合戦略の策定が求められています。

 丹波市においても、進行する人口減少・少子高齢化に歯止めをかけ、将来の人口展望を示すとともに、魅力と活力あるまちを実現するため、まち・ひと・しごと創生法に基づき、「丹波市人口ビジョン」と「丹波市丹(まごころ)の里創生総合戦略」を策定しました。

 人口ビジョンでは、2060年における総人口50,000人程度を展望することとし、総合戦略では人口の将来展望を踏まえて、2060年の丹波市の将来像を「市民一人一人が個性と持てる力を発揮し、持続的に発展するまち」とし、27年度から31年度の5か年に取り組む基本目標と具体的施策を定めています。

丹波市人口ビジョン

  丹波市人口ビジョン [PDFファイル/1.31MB]

丹波市丹(まごころ)の里創生総合戦略

  丹波市丹(まごころ)の里創生総合戦略 [PDFファイル/2.45MB]

  丹波市丹(まごころ)の里創生総合戦略(第1回改訂) [PDFファイル/1.54MB]

  丹波市丹(まごころ)の里創生総合戦略(第2回改訂) [PDFファイル/1.66MB]

  丹波市丹(まごころ)の里創生総合戦略(第3回改訂) [PDFファイル/1.68MB]