ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
フロントページ > 分類でさがす > 市政情報 > 市政 > 地域おこし協力隊 > 丹波市地域おこし協力隊の隊員紹介

丹波市地域おこし協力隊の隊員紹介

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年5月1日更新

地域おこし協力隊員の紹介

丹波市では地域おこし協力隊を募集し、都市部の意欲ある人材を積極的に受入れ、地域の課題解決及び活性化を図ります。
現在、男性1名、女性2名の計3名で活動中です。

日々の活動を紹介

フェイスブックで日々の活動や普段の様子を投稿していますので、ご覧ください。

https://m.facebook.com/tamba.crcgm/

各隊員紹介

西尾 真澄(にしお ますみ)  【平成29年9月委嘱】

活動目標

江戸末期より青垣の地で織られていた丹波布。手紡ぎの糸、草木染め、手織り、くず繭からの絹。その優しい風合いの魅力を全国に発信するとともに、丹波布を活かして地域の活性化を図る。

活動内容

丹波布に携わる方々から様々なお話を伺う中で、日本の伝統的な木綿織物の産地や、その他様々な工芸品、民芸品を参考にしつつ丹波布の方向性を見つける。
丹波産の綿づくりへの関わり等、丹波布技術保存会と連携しながら丹波布を市内外へ発信し、地産多消を目指していきたい。

前住所 

広島県東広島市

西尾隊員

 

阪口 明美 (さかぐち あけみ)  【平成31年1月委嘱】

活動目標

丹波市の自然エネルギーを活用した起業の支援・コンサルティングをしていきます。

活動内容 

NPO法人丹波グリーンパートナーと協力しつつ森林を主体とし循環型エネルギーを活用した持続可能社会の実現に向け、啓蒙・普及活動に従事します。

前住所地

大阪府豊中市

 阪口隊員  阪口隊員

 

清水 健矢(しみず けんや)  【令和元年7月委嘱】 ※写真右側

活動目標

丹波市の魅了的な観光資源を活用した旅行用品、イベント等を企画・造成し、的確なプロモーションによって国内外からの誘客を拡大する。
また、それらの活動を通じて、観光地としての丹波市ブランドの向上を図る。

活動内容

1.旅行者(国内、インバウンド)の目線で丹波市の魅力を発見し発掘する
2.地域の皆さまとの密な連携によって、その魅力を磨き上げる
3.体験型、交流型、学習型の観光商品(旅行商品、イベント等)として企画・造成する
4.出来上がった商品を最も有効な販路に乗せる(国内外の旅行会社との連携)
5.ターゲットとするマーケットに最も適した販売プロモーションを行う(情報発信、営業活動)
6.将来に繋がる形で魅力的な観光商品を実施する

前住所 

大阪府吹田市

清水隊員

地域おこし協力隊について

 地域おこし協力隊設置要綱 [PDFファイル/135KB]
 総務省
 Join