多面的機能発揮促進事業について

更新日:2024年03月19日

ページID: 1404

多面的機能支払交付金とは

 農業・農村は、国土の保全、水源の涵養、自然環境の保全、良好な景観の形成等の多面的機能を有しており、その利益は広く国民が享受しています。
 しかしながら、近年の農村地域の過疎化、高齢化、混住化等の進行に伴う集落機能の低下により、地域の共同活動によって支えられている多面的機能の発揮に支障が生じつつあります。また、共同活動の困難化に伴い、農用地、水路、農道等の地域資源の保全管理に対する、担い手農家の負担も増加しております。
 このため、農業・農村の有する多面的機能の維持発揮を図るための地域の共同活動に係る支援を行い、地域資源の適切な保全管理を推進します。
 また、これにより、農業・農村の有する多面的機能が今後ともに適切に維持・発揮されるとともに、担い手農家への農地集積という構造改革を後押しします。

「岩屋谷川」蛍の里を守る会が「みどり豊かなふるさと大賞」委員長賞を受賞されました

 兵庫県では、県内の多面的機能支払交付金等を活用した農地・農業用施設等の地域資源や農村環境等を守る優れた取り組みに対して、「みどり豊かなふるさと大賞」を選定し、表彰しています。
 このたび、丹波市の「「岩屋谷川」蛍の里を守る会」が委員長賞を受賞されました。

 活動目的の再認識を図り、耕作者以外の地権者と非農家への広報誌の配布や幅広く参加を呼び掛けていることのほか、景観作物(コスモス)と古代米の栽培を実施することで地域の活性化を図る等、若者の視点から組織課題に取り組んでいる点が評価されました。

 「岩屋谷川」蛍の里を守る会の優れた取組内容を広く紹介するため、令和5年10月22日(日曜日)のサンテレビ 「あんてなサン」で放送されました。過去の放送を以下のリンクから視聴できますので、ご覧ください。

丹波市農業の有する多面的機能の発揮の促進に関する計画の公表について

農業の有する多面的機能の発揮の促進に関する法律第6条第5項の規定に基づき、その促進計画を公表します。

多面的機能発揮促進事業に関する計画の概要の公表について

農業の有する多面的機能の発揮の促進に関する法律第7条第6項の規定に基づき、その事業計画の概要を公表します。

この記事に関するお問い合わせ先

農林振興課 農村保全係
〒669-4192 兵庫県丹波市春日町黒井811番地
電話番号:0795-74-1707

メールフォームによるお問い合わせ