ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
フロントページ > 分類でさがす > 市政情報 > 市政 > 選挙 > 選挙に関するよくあるお問い合わせ

選挙に関するよくあるお問い合わせ

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年3月4日更新

 選挙でよくある質問をまとめましたので、参考にしてください。

問1) 投票所入場券をなくした(届かない)のですが、投票はできますか。

答1) 投票所入場券は、選挙人に対して選挙があることをお知らせするとともに、投票所で選挙人名簿の本人照合をスムーズに行うためのものです。投票所入場券が届いていない場合や紛失したときでも、選挙人名簿に登録されていれば投票できますので、投票所で係員に申し出てください。

※投票所入場券は個人宛ではなく、世帯単位で送付しています。「投票所入場券が届かない」というお問い合わせをよくいただきますが、確認いただくとご家族が持っておられたというケースが多いです。

問2) 投票日に投票に行けないのですが。

答2) 投票日に仕事や旅行、その他の用事の予定がある人は、選挙の告(公)示日の翌日から投票日の前日までの午前8時30分から午後8時まで、丹波市役所(本庁)となりの「氷上住民センター 実習室」で期日前投票ができます。(土曜日や日曜日もできます。)
 なお、柏原支所、春日住民センター、青垣住民センター、山南支所、市島支所では、投票日の8日前から投票日の前日までとなります。(市長・市議会議員選挙は、投票日の6日前から投票日の前日まで)

※入場券の裏面に「宣誓書」を印刷しています。 事前に記入のうえ、期日前投票所にお越しください。

問3) 仕事(旅行)先で不在者投票をすることはできますか。

答3) 滞在先の市区町村選挙管理委員会で不在者投票を行うことができます。選挙人名簿に載っている市区町村の選挙管理委員会に「不在者投票宣誓書・請求書」に必要事項を記入し郵送してください。投票用紙等を郵送しますので、それをお持ちになって滞在先の選挙管理委員会で投票してください。詳しくは市選挙管理委員会までお問合せください。

問4) 字が書けないのですが投票することはできますか。

答4) 身体の障害やその他の理由で、投票用紙に候補者の氏名などを自分で書けないときには、係員が本人に代わって候補者の氏名などを書きます。投票の秘密は固く守られますので、投票所で係員に申し出てください。

問5) 選挙運動の期間になると、連日、選挙運動用自動車からスピーカーにより候補者の名前が連呼されて、うるさくてたまりません。

答5) 連呼行為を行うことは、個人演説会、政党演説会等の会場及び街頭演説の場所でする場合、午前8時から午後8時までの間に選挙運動用の自動車の上においてする場合に限り許されています。
 また、学校、病院、診療所その他の療養施設の周辺においては、マイクの音量を落とすなどして静穏を保持するように努めなければなりません。

問6) 選挙には何歳から立候補できますか。

答6) 下記のとおり選挙によってそれぞれ定められています。

参議院議員・県知事 →満30歳以上の日本国民
衆議院議員・市長 →満25歳以上の日本国民
県議会議員 →満25歳以上の日本国民で県議会議員の選挙権を持っている者。
市議会議員 →満25歳以上の日本国民で市議会議員の選挙権を持っている者。

問7) 選挙に立候補するためにはどうしたらいいですか。また、供託金はいくらですか。

答7) もし、市議会議員に立候補するとしたら、下記のような手続きが必要です。

(1)立候補の準備(告示日の約5~6週間前)
・選挙管理委員会が選挙の前に開催する説明会に行って、立候補届出に必要な書類をもらう。
・法務局に供託金30万円(指定都市以外の市議会議員選挙の場合)を預ける。
※「供託」は、当選を争う意思のない人が売名などの理由で無責任に立候補することを防ぐための制度です。得票数が規定の数に達しなかった場合や立候補を辞退した場合などには、供託されたお金は没収され、市に収められます。
※市長選挙の場合の供託金は100万円

(2)立候補の届出(告示日)
・立候補の届出書類を選挙管理委員会に提出する。
・選挙公報の掲載申請をする。
・選挙運動に必要な腕章などを受けとる。

(3)選挙運動(立候補届受理後から投票日の前日まで)
・選挙事務所を開く。
・ポスター掲示場に自分のポスターをはる。
・街頭演説、個人演説会を行う。
※街頭演説の時間は午前8時から午後8時まで
・有権者に選挙運動用通常はがきを出す。
・選挙運動用自動車による運動。
・電話で投票をお願いする。ただし、個人宅や会社等を訪問して投票をたのむことはできません。
※選挙運動の費用には使ってもいい上限がある。
(選挙運動費用の上限は、有権者数によって算定が異なります。)

(4)当選人の決定(投開票日)
・投票所に行って、投票する。
※投票時間は午前7時から午後8時まで
・各投票所の投票箱は、一か所に集めていっせいに開票されます。
・開票が終了すると、当選人が決定します。

(5)当選後(選挙終了後から任期満了日まで)
・当選証書をもらう。
・選挙運動の収入支出を選挙管理委員会に報告。
※投票日の翌日から15日以内に提出