ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
フロントページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 戸籍・住民票 > マイナンバー > マイナンバーカード(個人番号カード)の手続き

マイナンバーカード(個人番号カード)の手続き

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年10月21日更新

マイナンバーカードの申請方法

申請の方法は、以下の4通りです。

(1)郵送による申請
(2)パソコンによる申請
(3)スマートフォンによる申請
(4)まちなかの証明用写真機からの申請

詳しくは、地方公共団体情報システム機構のマイナンバーカード総合サイトをご確認ください。

マイナンバーカード総合サイト(交付申請)

顔写真について

・サイズ(縦4.5センチ×横3.5センチ)
・最近6ヶ月以内に撮影
・正面、無帽、無背景のもの
・裏面に氏名、生年月日を記入(郵送の場合)

【不適切な写真】
・顔が横向きのもの
・無背景でないもの
・正常時の顔貌と著しく異なるもの
・背景に影のあるもの
・ピンボケや手振れにより不鮮明なもの
・帽子、サングラスをかけ人物を特定できないもの

※顔写真が不適切だった場合、マイナンバーカードを交付できない場合がありますので、ご注意ください。

詳しくは、地方公共団体情報システム機構のマイナンバーカード総合サイトをご確認ください。

マイナンバーカード総合サイト(顔写真のチェックポイント)

個人番号カード交付申請書の送付用封筒について

郵送による申請を希望される方で、お手元の送付用封筒(返信用封筒)の差出有効期間が平成29年10月4日になっている場合でも、平成31年5月31日までは切手を貼らずに、そのまま使用することができます。

送付用封筒を追加でほしい方は、こちらから封筒作成の材料をダウンロードできます。

封筒材料のダウンロードはこちら [PDFファイル/156KB]

注意事項

平成27年10月5日以降に住所、氏名(通称名)、生年月日、在留期間の満了日(外国籍の方のみ)を変更された方、または帰化、国籍取得、国籍喪失された方は、通知カードに同封されているマイナンバーカード交付申請書は使用できません。
変更後の個人番号カード交付申請書をお持ちでない方や、個人番号カード交付申請書をなくされた方は、申請書が必要となります。ご本人または同じ世帯員の方が本人確認書類を持って、市民環境課または各支所までお越しください。

マイナンバーカードの受取方法

地方公共団体情報システム機構でマイナンバーカードを作成後、市民課または各支所へマイナンバーカードが届きます。マイナンバーカードのお渡しの準備が整いましたら、申請者の方へ受取案内の通知をお送りします。通知がお手元に届きましたら、以下に示す必要書類を準備のうえ、市民環境課または各支所へお越しください。

受取場所

お住まいの地域の市民環境課または各支所

・柏原地域  柏原支所市民福祉係   電話(0795)72-0544 
・氷上地域  市民課戸籍係            電話(0795)82-2002       
・青垣地域  青垣支所市民福祉係   電話(0795)87-1001
・春日地域  春日支所市民福祉係   電話(0795)74-0221
・山南地域  山南支所市民福祉係   電話(0795)77-0240
・市島地域  市島支所市民福祉係   電話(0795)85-1001

受取時間

月曜日から金曜日のうち祝日、年末年始を除く 9時から17時

必要書類

(1)個人番号カード交付・電子証明書発行通知書兼照会書(受取案内の通知時に同封している郵便はがき)
(2)通知カード ※マイナンバーカードと引き換えに回収します
(3)住民基本台帳カード(お持ちの方のみ) ※マイナンバーカードと引き換えに回収します
(4)設定暗証番号記載票(受取案内の通知時に同封しています)
(5)本人確認書類(Aから1点、またはBから2点)

本人確認書類
   
A ・運転免許証
・運転経歴証明書(交付日が平成24年4月1日以降のもの)
・旅券
・住民基本台帳カード(顔写真付きに限る)
・身体障害者手帳
・精神障害者保健福祉手帳
・療育手帳
・在留カード
・特別永住者証明書
・一時庇護許可書
・仮滞在許可書
B

・健康保険証
・介護保険証
・医療受給者証
・年金手帳
・年金証書
・預金通帳
・生活保護受給者証
・学生証
・社員証 等

※申請者が15歳未満の方、または成年被後見人の場合は、法定代理人の同行が必要になります。
法定代理人が同行する場合、上記(1)から(5)に加えて、次の書類が必要です。

(a)法定代理人(親権者または成年後見人)であることが確認できるもの
・戸籍謄本や登記事項証明書など
※ただし、申請者本人が15歳未満で、本籍地が丹波市である場合、または法定代理人と同一世帯で親子の確認ができる場合は、不要です。

(b)法定代理人の本人確認書類 
・上記(5)と同じ

代理人のみが受取する場合の必要書類

申請者が病気で入院中や身体の障害等のやむをえない理由により、マイナンバーカードの受取場所にお越しになることが難しい場合に限り、代理人にマイナンバーカードの受取を委任できます。
※仕事や通学の都合は、やむをえない理由に該当しませんので、ご注意ください。

(1)個人番号カード交付・電子証明書発行通知書兼照会書(受取案内の通知時に同封している郵便はがき)
(2)通知カード ※マイナンバーカードと引き換えに回収します
(3)住民基本台帳カード(お持ちの方のみ) ※マイナンバーカードと引き換えに回収します
(4)申請者の本人確認書類(Aから2点、またはABからそれぞれ1点、またはBから3点 ※顔写真付きのものを最低1点以上)
(5)代理人の本人確認書類(Aから2点、またはABからそれぞれ1点)
(6)やむをえない理由を証明する書類
・医師の診断書や障害者手帳など
(7)代理権の確認書類
【法定代理人の場合】
・戸籍謄本や登記事項証明書など
※ただし、申請者本人が15歳未満で、本籍地が丹波市である場合、または法定代理人と同一世帯で親子の確認ができる場合は、不要です。
【任意代理人の場合】
・委任状 ※上記(1)の委任状欄に申請者がご記入ください。
(8)設定暗証番号記載票(受取案内の通知時に同封しています)
※任意代理人の場合は、上記(1)の暗証番号記載欄に申請者が暗証番号をご記入のうえ、シールで目隠ししてください。