ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

未熟児養育医療給付事務

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年4月1日更新

身体の発育が未熟なまま生まれ、入院養育を必要とする未熟児に対して、指定養育医療機関において養育に必要な医療の給付を行います。   

対象者

 丹波市内に居住し、出生時の体重が、2,000g以下であるなどの症状を有する未熟児で、医師が入院養育を必要と認めた乳児。

医療等の給付

 保険診療による入院費用(食事代含む)が給付の対象となり、健康保険が負担する額を引いた額(自己負担金)を公費負担します(国・県・市)。

 この制度は、世帯の所得金額に応じ、一部自己負担が生じますが、この自己負担額を丹波市が独自で負担をしますので、保険適用でないオムツ代等の費用を除き、入院費用にかかる一部負担額の請求をすることはありません。

 給付は、養育医療意見書の診療予定期間内です。(1歳の誕生日の前々日が限度)

申請

以下の書類をそろえ、市民課へ申請してください。

  1. 養育医療給付申請書
  2. 養育医療意見書(指定医療機関の医師が作成)
  3. 世帯調書(申請者にて記入)
  4. お子さまの健康保険証の写し
    (申請時、お子さまの健康保険証ができていない場合は、扶養義務者の健康保険証の写し)
  5. 個人番号確認書類
    マイナンバーカード、番号通知カード、住民票(番号付き)のいずれか1つ
  6. 扶養義務者(代理人)確認書類
    ・1点でよいもの…顔写真付きのもの(マイナンバーカード、運転免許証、パスポートなど)
    ・2点必要なもの…顔写真がついていないもの(健康保険証、年金手帳など)
  7. 所得税の証明書類(18歳以上の世帯員全員)
    ◇1月から6月に申請の場合は申請の前々年の所得を証明する書類
    ◇7月から12月に申請の場合は申請の前年の所得を証明する書類
    (1)生活保護受給世帯の方…生活保護受給証明書
    (2)自営業、農業などの方(確定申告をしている方)…確定申告書の控え(第1表及び第2表)
      ※税務署の受付印があるもの
    (3)会社に勤務し、給与支払いを受けている方…源泉聴き取る票の原本
      ※紛失されている場合は、勤務先で再発行してもらってください。
    (4)所得税が非課税の方、無職、収入のない方…市・県民税課税証明書
      ※配偶者控除や扶養控除に入っている方の場合は、証明書類を省略できます。
  8. 申請者と来所者が異なる場合、委任状

注意事項

  • ○指定養育医療機関における入院のみが給付の対象となります。
  • ○退院後の申請はできません。
  • ○この医療制度と乳幼児医療とは併用できません。
  • ○申請書提出が、医療開始日から15日を超えると、申請日以降の医療が給付対象となります。

書類

 養育医療給付申請書 [PDFファイル/149KB]

 養育医療意見書 [PDFファイル/87KB]

 世帯調書 [PDFファイル/88KB]

 委任状 [PDFファイル/41KB]