ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
フロントページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 各種相談 > 公益通報制度 > 丹波市法令遵守の推進等に関する条例について

丹波市法令遵守の推進等に関する条例について

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年6月20日更新

丹波市法令遵守の推進等に関する条例について

 丹波市では近年、職員の不祥事が相次いだことから、この事態を重く受けとめ、二度と不祥事をおこさないという決意のもと、組織としての体制の整備を図るため、丹波市法令遵守の推進等に関する条例(以下「条例」という。)及び同条例施行規則(以下「規則」という。)を制定しました。
 公益通報や不当要求行為等に対応する組織として、該当事案が事実であるかどうかの判断や、その対応や措置について公平性・中立性を確保するため、附属機関として 「丹波市法令遵守審査会」を、庁内機関として「丹波市法令遵守推進委員会」を設置しました。

法令遵守の推進等に関する条例  [PDFファイル/131KB]

法令遵守の推進等に関する条例施行規則 [PDFファイル/100KB]

丹波市法令遵守審査会

 地方自治法(昭和22年法律第67号)第138条の4第3項に規定する附属機関として「丹波市法令遵守審査会」を設置しました。委員は、弁護士等の法令等に関し専門的知識や識見を有する者3名で構成されています。公益通報や不当要求行為等、職員倫理に関する事実関係を調査し、その内容等について報告すること、市の行う措置に対して意見を述べることで、事案の違法性や市の措置の適正性の有無を判断します。

法令遵守審査会

会長 遠藤 尚秀  大学教授
副会長 阪田 健夫  弁護士
委員 中園 江里人  弁護士

法令遵守推進委員会

 法令遵守の推進体制を確立するためには、職員一人ひとりが倫理原則を遵守するよう努めるだけでなく、全庁的な制度の整備や各事案に対する対応策について総括し、コンプライアンスの意識を向上、浸透させていく必要があります。このため、公益通報や不当要求行為等に組織的に対応するための庁内推進組織として「法令遵守推進委員会」を設置しました。

公益通報制度の概要

 市の職員や市から事務または事業を受託した者が、その職務の執行に関し、法令に違反する行為を行っている事実がある場合に、法令遵守審査会の委員や企画総務部総務課長に通報できる制度です。
 ただし、制度の濫用を防ぐため、その通報は、人から聞いた話や、単なる憶測、思い込み、通報の対象となる者等への偏見、不平不満などによるものであってはいけません。また、できる限り客観的で確実な事実に基づいて誠実に行わなければなりません。
 誹謗中傷など悪質な意図や感情により行われた通報については、公益通報には該当しないことから保護の対象とされず、場合によっては法的な処分の対象となることもあります。

公益通報ができる者

 公益通報制度は、市職員や市民の誰もが通報できる制度です。本制度の目的は、職員等の不祥事を未然に防ぐことにあることから、通報者には、市職員や市の事務または事業を受託した者及びその従事者なども加え、部署や職種などにかかわらず通報することができます。
 また、その実効性を高めるためには、広く情報を収集することが必要であることから、市民からの公益通報も受け付けます。

公益通報の窓口

  公益通報は、法令遵守審査会の委員または企画総務部総務課長のどちらでも通報することができます。

外部窓口 

郵送、電子メール、Faxにより受付

中園 江里人  弁護士(法令遵守審査会委員)
〒662-0832 西宮市甲風園1丁目8-1 ゆとり生活館AMIS 5F
弁護士法人 芦屋西宮市民法律事務所
電子メール nakazono-ancl@mbh.nifty.com
Fax  0798-68-3162

内部窓口

郵送または電子メールにより受付

田口 健吾 企画総務部総務課長
〒669-3692 丹波市氷上町成松字甲賀1番地 企画総務部総務課
電子メール 通報専用フォームはこちら

公益通報の方法

 「公益通報書」の様式により、郵送、電子メール、Faxなどいずれかの方法によって行います。この際、公益通報の内容を客観的に証明できる資料等がある場合は、併せて提出します。
公益通報における誹謗中傷や他人に損害を与える目的での恣意的な通報を防ぐとともに、公益通報後の調査や、通報者の保護を円滑に推進するため、原則実名で書面をもって行います。
 なお、公益通報の対象となる事実を証する具体的な資料の提示等により、その根拠を示すことができる場合は、匿名による公益通報も可能です。
 この場合については、通報者本人の確認ができませんので、調査結果の回答などはできません。また、調査途中で問い合わせがあった場合でも、通報の有無を含めて返答することはできません。

公益通報書 [PDFファイル/40KB]

通報後の流れ

(1) 公益通報受付窓口(法令遵守審査会の委員及び企画総務部総務課長)は、公益通報を受けたときは、速やかに法令遵守審査会に通知します。
(2) 法令遵守審査会は、公益通報の受理、不受理を決定し、市長及び通報者に通知します。
(3) 法令遵守審査会は、公益通報を受理したときは、その内容について、速やかに調査及び審査(以下「調査等」という。)を行います。
(4) 法令遵守審査会は、調査等の結果、公益通報の内容が事実であると判断したときは、通報者、市長及び他の任命権者(以下「市長等」という。)に対して、是正措置等(公益通報に係る不正な行為等の停止措置、現状の回復、再発防止など)について意見を付して通知します。(ただし、匿名の通報者や通知を希望しない通報者には通知しません。)
(5) 市長等は、法令遵守審査会からの通知に基づき、速やかに是正措置を講じます。(法令遵守審査会の通知を受けた市長等が、是正措置等を行わないときは、法令遵守審査会はそのことについて勧告等や公表をすることができます。)

市長等が行う措置

 市長等は、法令遵守審査会から公益通報の内容が事実であるとの報告を受けたときは、当該公益通報に係る行為の是正や、再発防止のための措置を講じなければなりません。この場合において、市長はその概要を公表します。
 また、通報者の保護は、公益通報制度の根幹をなす重要な事項であるため、通報者に対しての不利益な取扱いについては、直ちに改善または防止のための措置を講じます。

公益通報者の保護

 公益通報を行った者は、公益通報を行ったことを理由にいかなる不利益な取扱いも受けないことが保障されるとともに、不利益な取扱いを受けたとされる場合には、法令遵守審査会に対し、是正の申立てをすることができます。
 また、法令遵守審査会の委員はもとより任命権者、市の事務または事業を受託した者は、守秘義務が課せられ、通報者が特定されるような情報(氏名、メールアドレス、電話番号、場合によっては所属、性別、年齢など個人が特定されるおそれのある全ての情報)は公開してはならないことになっています。
 法令遵守審査会が事実関係に関する調査を行う際に、職員に聞き取り調査等の協力を求めることもありますが、この職員も、調査に協力した際に知り得た情報を漏らしてはいけません。

職員等及び市民の協力

 職員等や市民は、公益通報や不当要求行為等への調査や審査のため、法令遵守審査会から求められたときは協力をしなければなりません。また、その際に知り得た秘密も漏らしてはならないことになっています。