ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

令和2年度 住宅の簡易耐震診断について

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年5月1日更新

令和2年度 住宅の簡易耐震診断申し込みの受付開始について

 住宅の耐震診断を希望する住宅所有者の方に、丹波市が「簡易耐震診断員」を派遣して調査を行い、耐震診断を行います。診断員は、建物の形や壁の配置、基礎部分などを調査し、診断後、耐震性の評価などをまとめた報告書をお渡しします。
 令和2年度の実施予定戸数は、戸建て住宅で36棟です。お早めにお申し込みください。 

対象となる住宅

・丹波市内にある住宅で、昭和56年5月31日以前に工事着工した戸建て住宅、長屋住宅、共同住宅
・併用住宅の場合、その過半以上が住宅部分であるもの
 ※ただし、ツーバイフォー工法、丸太組工法およびプレハブ工法の住宅は対象外   

申し込みの手続き

 上記の「対象となる住宅」を所有し、簡易耐震診断をご希望される方は、「丹波県民局管内の耐震診断技術者名簿」から選んだ簡易診断員の内諾を受け、申込書に必要事項をご記入の上、都市住宅課までお申し込みください。お申し込みいただいてから診断結果が出るまで、約1ヶ月半程度必要です。
 なお、受付期間は令和2年5月1日~令和2年12月28日までです。

診断負担金

・木造戸建て住宅は無料
・木造戸建て住宅以外の建物は、構造や種別(長屋、共同住宅等)により負担金が異なりますので、必ず都市住宅課までご確認ください。

添付ファイル