ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

丹波市開発指導要綱(平成30年10月1日改正施行)

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年4月1日更新

丹波市開発指導要綱とは

 丹波市では、丹波市開発指導要綱に基づき開発指導を行っております。

 この要綱は、開発事業に関して必要な事項を定めることにより、無秩序な開発を防止し、開発区域及び周辺地域における災害を防止するとともに、良好な地域環境の形成を図り、もって公共の福祉の増進に寄与することを目的としています。

要綱及び技術的基準の一部改正について

 この要綱は、社会情勢や関係法令の規定に合わせ適宜改正を行っており、平成30年10月1日から同様の趣旨で要綱の一部を改正するとともに、様式についても改正いたしました。 

 また併せて、丹波市開発指導要綱技術的基準の一部を改正いたしました。

主な改正点

【太陽光発電施設設置に係る適用範囲の変更】 

 (1)土地から自立する太陽光発電施設の建設を目的とした開発事業で、開発区域の面積が1,000平方メートル以上のものについて、丹波市開発指導要綱の適用対象となります。

【要綱改正に伴う各種様式の改正】

 (1)要綱の改正に伴い、各種申請書等の様式を改正いたしました。

【開発要綱技術的基準の名称の変更】

 (1)前要綱技術的基準では、開発行為に係る技術的な基準以外の内容についても示していることから、表題名称を「技術的基準」から「運用基準」に改めました。

【太陽光発電施設設置に係る整備基準の新設】

 (1)太陽光発電施設の建設を目的とした開発事業について、丹波市開発指導要綱運用基準の中に、一定の整備基準を新たに設けました。

【経過措置】

 改正後の開発指導要綱の規定は、この要綱の施行日以後になされた事前協議について適用となります。なお、施行日より前になされた事前協議については、従前の例によります。

添付ファイル