ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

固定資産税の課税免除について

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年4月15日更新

固定資産税の課税免除について

 丹波市において、賦課期日(1月1日)現在で一定の要件を満たす固定資産(有料で使用するものを除く)について、申請を行うことにより固定資産税の減額措置を行っています。

課税免除の対象となる固定資産

 (1)公民館等の建物及びそれに付随する土地(駐車場等を含む)並びに広場
 (2)地域の儀礼的施設の土地
 (3)農用用水の建物及びその土地
 (4)消防水利建物及びその土地
 (5)公共の池や沼の土地
 (6)県や市から指定された文化財に係る建物及びその土地
 (7)その他市長が認める固定資産

申請期限

 課税年度の前年度3月31日までに固定資産税課税免除申請を行ってください。

  例】令和3年1月1日現在で現況が自治会の公民館の駐車場となっている場合、令和3年3月31日までに
    固定資産税課税免除申請を行い、要件に該当すると認められれば令和3年度の固定資産税が減額されます。

課税免除額

 課税免除に該当する固定資産の税相当額

添付ファイル

固定資産税課税免除申請書 [Wordファイル/41KB]