ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

所得割の計算方法と税率

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年10月8日更新

 市民税・県民税所得割の税額は、所得金額から所得控除を差し引いた額(課税所得金額)に税率をかけて計算します。計算の順序は所得税と同じですが、控除や税率に次のような違いがあります。

(ア)所得税においては、たとえば基礎控除、配偶者控除、扶養控除の額はそれぞれ38万円ですが、市民税・県民税の控除額はそれぞれ33万円です。このように、市民税・県民税は、所得税よりも広い範囲の人に地域社会の費用について負担を求めるしくみになっています。
(イ)税率は、平成19年1月から所得税は5%から40%までの6段階になり、平成19年6月から市民税は一律6%、県民税は一律4%です。

添付ファイル