ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

過去の活動 28年度

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年5月31日更新

常岡幹彦 展ー彩と玄のあいだー 1月14日

 

★開会式・開幕記念コンサート 1月14日

開会式1  開会式2 

常岡陽平さん(画家ご子息)、友の会会長小寺昌樹さん、丹波市長谷口進一、教育長小田繁雄、

館長山中直喜による開幕テープカットが行われました。

開幕コンサート1  開幕コンサート2

出演:斉藤建寛さん(チェロ)、細見理恵さん(ピアノ)

「愛のあいさつ」「白鳥」などのクラシックから「日本の唱歌メドレー」「美女と野獣」の

ような親しみのある音楽まで演奏していただきました。コンサートを聴かれた方からは「チ

ェロの音色が深み・丸みのあるいい音色だというのを知りました。」「生の演奏が近くて聞

けて癒されました。」等感想をいただきました。

記念対談 2月5日

記念対談1  記念対談2

出演:常岡陽平さん、小田晋作さん(丹波新聞社会長)

対談を聴かれた方からは、「かたくるしくなくて、あっという間に時間が過ぎました。」「楽

しい企画で幹彦氏の事がよくわかりよかったです。」等好評をいただきました。

ミュージアムシアター 2月26日

ミュージアムシアター

上映作品:「天心」-近代日本美術史学の開拓者「岡倉天心」の生涯ー

「1つの事に突き進む生き方に感動しました。」「人間ドラマの厳しさが伝わる良い映画で

した。」等感想を頂きました。

星野富弘 花の詩画展 開幕式・講演会・ミュージアムコンサート・ワークショップ

★開会式 9月17日

星野富弘テープカット 星野富弘テープカット2

聖生清重さん(富弘美術館館長)、友の会会長小寺昌樹さん、丹波市長 辻重五郎、教育長 小田重雄、館長 山中直喜による開幕テープカットが行われました。

★講演会 「花の詩画の源流 星野富弘 -その人と作品-」 9月17日

星野富弘講演会1 星野富弘講演会2

講師:聖生清重さん(富弘美術館館長)

講演を聞かれた方からは「竹馬の友の豊かさがにじみ出ています。」「富弘様の人間性、生き方に感銘しました。」「心に残るお話ありがとうございました。」等感想をいただきました。

★ミュージアムコンサート 「実りのとき~弦楽四重奏に満たされる日~」  10月22日

カルテット・コモド1 カルテット・コモド2

出演:カルテット・コモドさん(弦楽四重奏団)

「愛の挨拶」などのクラシックから「上を向いて歩こう」「ひこうき雲」のような親しみのある音楽を交えて演奏していただきました。「近くでよい音色を聞かせていただいて感動しました。」「心がなごみました。」などご好評をいただきました

★ワークショップ  「絵手紙で伝えるまごころ」 10月30日、11月6日

絵手紙1 絵手紙2

講師:田中重雄さん

先生の親しみやすい説明で、柿や花など描きたいモチーフを選び、絵手紙を描きました。「見ると描くとは大違いで、わかりやすく説明していただき、楽しく描くことができました。」「次回もあれば参加したいです。」等楽しまれていました。

11ぴきのねこと馬場のぼるの世界展 ミュージアムコンサート・ワークショップ・ミュージアムシアター

★開会式・ミュージアムコンサート~漫画から生まれた音楽~ 7月16日

青島広志1 青島広志2

出演:青島広志さん・小野勉さん

開会式後、「青島広志ミュージアムコンサート」を行いました。青島先生は、テレビや「題名のない音楽会」など出演されることもあり皆さんおなじみの先生で、予約開始から1日で定員いっぱいになりました。コンサートだけでなく、漫画史のお話などされ、みなさん楽しかったと好評でした。

★ワークショップ ~牛乳パックでつくるカラクリ絵本~  8月6日~8月7日

馬場のぼる 村上 馬場のぼる 村上2

講師:村上祐喜子さん

くるくると絵が変わり、お話が作れるからくり絵本をつくられました。「夏休みの工作にしたい。」「くるくる回転することで絵が変化したので、とても不思議でした。」「夏の楽しくうれしい思い出になりました。」など、ご好評をいただきました。

★ミュージアムシアター ~真夏の夜の博物館へ冒険の旅に行こう~ 8月11日

シアター  上映作品「ナイトミュージアム エジプト王の秘密」

「美術館での上映ということでしたが、想像以上に音響も投映も大変良かったと思います。」「おもしろかった。」「楽しかったです。」とご好評をいただきました。

陳 允陸展 ~豊潤の墨彩世界~ 開会式・ギャラリートーク・講演会・ミュージアムコンサート

★開会式  6月4日

陳允陸開会式 陳允陸開会式2

 陳允陸氏、日中書画芸術交流協会「酔墨会」代表理事 姫野宏氏、植野記念美術館友の会会長 小寺昌樹氏、丹波市長 辻重五郎、市教育委員会教育長 小田繁雄、館長 山中直喜による開幕テープカットが行われました。また、陳允陸氏より丹波市へ作品の寄贈がありました。

★ギャラリートーク  6月4日

陳允陸ギャラリー1 陳允陸ギャラリー2

講師:陳允陸氏

★講演会(制作実演)「水墨画の魅力―中国と日本の山水画から―」6月11日

陳允陸講演会1 陳允陸講演会2

講師、制作実演:陳允陸氏

日本と中国の水墨画の違いを丁寧に説明してくださいました。図で具体的に説明され、わかりやすい講演会、実演に感動した。というお声もたくさんありました。

★ミュージアムコンサート「緑陰水明に遊ぶ~はるかなる二胡の調べ~」 6月26日

陳允陸コンサート 陳允陸コンサート2

二胡奏者:宮薛(きゅうせつ)さん

心に響く、二胡のゆったりとした音色が研修室いっぱいに広がりました。

五味太郎作品展 [絵本の時間]Special 開会式・ギャラリートーク・ワークショップ

★開会式 4月9日

五味太郎開会式1 五味太郎開会式2

丹波市議会総務常任委員長 林時彦氏、NPO法人「子どもの本WAVE」代表 穂積保氏、神戸新聞社丹波総局長 大久保徹氏、丹波新聞社社長 荻野祐一氏、植野記念美術館友の会会長 小寺昌樹氏、丹波市副市長 鬼頭哲也、市教育委員会教育長 小田繁雄、館長 山中直喜による開幕テープカットが行われました。 

★ギャラリートーク  4月9日

五味太郎ギャラリー1 五味太郎ギャラリー2

講師:NPO法人「子どもの本WAVE」代表 穂積 保氏 

★ワークショップ「春が飛び出す!絵本をつくろう」 4月24日

五味太郎ワークショップ1 五味太郎ワークショップ2

講師:手作り絵本作家の村上祐喜子さん

とびだす絵本を作りました。大人の方から、3歳の子どもさんまで25組の参加者がありました。世界にたったひとつだけの自分の絵本ができた。と好評でした。