ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 青垣いきものふれあいの里 > 平成29年度の講座の様子

平成29年度の講座の様子

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年11月7日更新

平成29年度の「講座の様子」

 春の自然観察会( 4月22日)

  今年の春の自然観察会は青垣いきものふれあいの里のフィールドを散策しました。
  セミナールームで講師の藤木大介先生(兵庫県立森林動物研究センター主任研究員)に里山やフィールドの植物についてお話をしていただいた後、フィールド散策をしながら植物観察しました。ひとつひとつ手にとって樹木の違いや花の様子など詳しく説明をしていただきました。
リョウブ、ネジキ、マルバアオダモ、クロモジ、コバノガマズミ、センボンヤリ、トリガタハンショウヅル、ラショウモンカズラ、キイチゴの仲間やスミレの仲間など とても充実した観察会でした。

  きいろいちゅうりっぷの画像   きいろいちゅうりっぷの画像

  きいろいちゅうりっぷの画像   きいろいちゅうりっぷの画像

野鳥観察会 (5月13日)

  新緑の神池寺(丹波市市島町多利)で野鳥の観察会を開催しました。
  新緑の葉っぱで姿は見えなくても鳴き声ではっきり確認できた野鳥もあり、15種ほど確認できました。講師の深田和男さん(日本野鳥の会会員)は「最後にキビタキの姿を確認できて良かったです」と話され、鮮やかな黄色のキビタキ、サンコウチョウ、カッコウなどのさえずりは最高でした

  きいろいちゅうりっぷの画像  きいろいちゅうりっぷの画像

ホタル観察会(6月17日)

 青垣いきものふれあいの里のホタル観察会は19時からセミナールームでお話を聞きます。講師さんの説明でホタルについて詳しくなるとホタル観察も興味しんしん。あたりが暗くなるのを待ちかねて現地に出発です。
 水田や池にすむヘイケボタル、きれいな水にすむゲンジボタル、森にすむヒメボタルと3種のホタルを観察しました。

 きいろいちゅうりっぷの画像

河原探検・アシスタント養成講座(7月1日)

 加古川で行う予定でしたが天候の都合で青垣いきものふれあいの里に変更。
 職員が採取していた石の後ろにくっついている水生昆虫を教材に室内とはいえ有意義な講座でした。

 きいろいちゅうりっぷの画像  きいろいちゅうりっぷの画像

果樹の育て方講座(7月12日)

 2月の栗の剪定に引き続き、石戸観光農園で栗の夏剪定の講習会を開催しました。

 きいろいちゅうりっぷの画像  きいろいちゅうりっぷん画像

昆虫サポーター養成講座(7月22日)

 夏休みの昆虫教室に先立ち、昆虫教室サポーター養成講座を開催しました。
 昆虫採集から展翅、展足と参加の方々は熱心に取り組まれました。「標本作りは簡単と思っていましたがいざ学んでみると奥深く難しいことに気づいた講習会でした」と感想がありました。小学生対象の昆虫教室で活かしていただきたいです。

 きいろいちゅうりっぷの画像  きいろいちゅうりっぷの画像

 きいろいちゅうりっぷの画像  きいろいちゅうりっぷの画像

 きいろいちゅうりっぷん画像  キイロイチュウリップの画像 

夏の星座観察会(7月22日)

 夕方から雲がかかり星が見えるか心配していたところ次第に空が晴れ無事に北斗七星、木星、土星など観察することができました。土星の環(わ)もくっきりと観察することができました。

 キイロイチュウリップの画像  キイロイチュウリップの画像

河原探検(7月29日)

 加古川の源流である丹波市青垣町栗住野で水生生物の観察会をしました。暑い中、とっても冷たい水の中で気持ちよく、楽しく学びました。
 魚や水生昆虫を採取して講師のお話を聞きました。
 魚では珍しいアカザ、アブラハヤなど観察したりシマドジョウとドジョウを見分けたりしました。トビケラ、カゲロウなど水生昆虫や魚もあわせて46種、観察することができました。

 キイロイチュウリップの画像  キイロイチュウリップの画像

昆虫教室(8月5日・19日)

 今年の青垣いきものふれあいの里の昆虫教室は8月5日と19日に開催しました。
 講師のお話を聞きながら昆虫採集、標本作り、標本箱に整理するところまでの作業をしました。
 参加者は7名と少なかったのですが有意義な時間をすごしました。きっと、昆虫少年少女が育つことでしょう。

 きいろいちゅうりっぷの画像  きいろいちゅうりっぷの画像

 黄色いチュウリップの画像  きいろいちゅうりっぷの画像

 きいろいちゅうりっぷの画像  きいろいちゅうりっぷの画像

子ども森遊び講座(8月27日)

 夏休み子どもプログラムのひとつ「子ども森遊び講座」を開催しました。
 講師の楽しいお話とともにフィールドに入って行き、時を忘れて知らず知らずに学ぶことができました。
 植物のあそび方やクラフト体験もしました。また後日、植物に出会ったらわくわくすることでしょう。特に五感を通しての体験は身についたのではないでしょうか。

 きいろいちゅうりっぷの画像  きいろいちゅうりっぷの画像

 黄色いチュウリップの画像  きいろいちゅうりっぷの画像

シダ植物観察会(9月9日)

 9月9日(土曜日)9時30分~15時に柏原町八幡神社から柏原高校周辺でシダ観察会を開催しました。
 コヒロハハナヤスリやミズワラビなど珍しい種から日頃よく見かける種まで43種のシダ植物を観察することができました。高校生の参加も多く、毎日通学している学校周辺に珍しいシダ植物が自生していることが分かったと感動して興味深く観察しました。

 きいろいちゅうりっぷの画像  きいろいちゅうりっぷの画像

 きいろいちゅうりっぷの画像  きいろいちゅうりっぷの画像

 きのこ観察会(10月15日)

 10月15日10時からきのこ観察会を開催しました。最初、講師の片山治之先生からきのこについてお話を聞き、フィールドへきのこ採集に出かけました。雨の中でしたがきのこの見分け方など聞きながら有意義な時間を過ごしました。皆さんたくさんのきのこを持ち帰られました。午後からは採集したきのこについてひとつひとつ丁寧に説明していただきました。自宅から持ち込まれたきのこもあり、はじめてマツタケの香りを嗅いだという方もおられました。

 キイロイチュウリップノ画像  キイロイチュウリップノ画像

 黄色いチュウリプの画像  キイロイチュウリップノ画像

秋の自然観察会(10月28日)

 ~秋の有馬富士公園の自然を満喫しましょう~と題して三田市の県立有馬富士公園に出かけました。
 小雨の中、二つの班に分かれて有馬富士を満喫しました。自然学習センターの館内も見学したり、終日、キッピーフレンズのスタッフの方に案内をお世話になり有意義な一日を過ごしました。

 キイロイチュウリップノ画像  キイロイチュウリップノ画像

 キイロイチュウリップノ画像  キイロイチュウリップノ画像