ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

過去の活動 31年度

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年9月29日更新

李 暁剛(リ・シャオガン) 展 - 存在の向こう側 -

講演会 9月29日

講演会

講師:塩田昌弘 氏(元大手前大学教授・元エンバ中国近代美術館館長)

1840年のアヘン戦争以降、約100年の中国絵画の展開を詳しくお話頂きました。

参加された皆さんからは、「歴代の作家が順に分かり、作風もわかりました。」「丁寧に中国近代美術をご紹介頂き、とても勉強になりました。」とご好評の声を頂きました。

 

開幕式・ギャラリー 9月7日

 テープカット  ギャラリートーク

 講師:李暁剛 先生

 李暁剛先生、友の会会長 小田繁雄さん、丹波市副市長 鬼頭哲也、丹波市教育長 岸田隆博、館長 安田英樹による開幕テープカットを行いました。

 式典に続き、李先生によるギャラリートークを開催しました。制作秘話をお話し頂き、参加された皆さんは貴重なお話に大変喜ばれていました。

 

 三代目 磯尾柏里彫刻展 -明日を見つめて-

ワークショップ 「たいせつなひとのいい顔を映そう -粘土による造形-」  7月27日・28日

  WS1  WS2

講師:三代目 磯尾柏里 先生

 軽く、扱いやすいブロンズ粘土を使い、大切な人のいい顔をプレートの上に半立体的につくるワークショップを開催しました。

 参加された方からは「難しかったけど、目や口の作り方がわかって勉強になりました」「普段体験できないことができて楽しかったです。夏休みの自由研究の1つとして良い思い出になりました」と感想を頂きました。

 

開幕式・講演会・ギャラリートーク 7月20日

  テープカット1  講演会1

  GT1  GT2

 講師:三代目 磯尾柏里 先生

 三代目磯尾柏里先生、友の会会長 小田繁雄さん、丹波市教育長 岸田隆博、館長 安田英樹による開幕テープカットを行いました。 

 式典に続き、磯尾先生には「三代目磯尾柏里への道」と題し講演会、その後ギャラリートークをして頂きました。ギャラリートークでは、展示に対するこだわりや制作秘話をお話し頂き、参加された皆さんは貴重なお話に大変喜ばれていました。

館蔵品展 中国現代花鳥画の世界 -斉白石に導かれたひとたち- 併催 安田一族の水墨画展

開幕記念講演会 「中国現代花鳥画の楽しみ」 6月2日

 陳先生講演会 陳先生ライブペインティング

 講師:陳 允陸

 当館でもお馴染みの墨彩画家、陳允陸先生に「中国現代花鳥画の楽しみ」と題し講演会を開催しました。花鳥画が発展した歴史的背景や、花鳥画の題材となるものの持つ意味を分かりやすくお話頂きました。

 講演会終了後のライブペインティングでは、ますます幸せになるという意味のある「魚と蓮」の絵を披露して頂きました。圧巻のパフォーマンスに観客の皆さんも大変感激されていました。

 

 

ピエゾグラフによるいわさきちひろ展 

ミュージアムコンサート 「母の日ライブ」 5月12日

 コンサート①  コンサート②

 出演:Shu+Arisa

 ボーカルのShuさんとピアノのArisaさんによる母の日ジャズライブを開催しました。「ふしぎの国のアリス」や「ノルウェーの森」など爽やかな季節にふさわしい、心弾む歌と演奏に参加された皆さんからは、「母の日の良い思い出になりました」「一緒に歌えてたのしかったです」と感想をいただきました。

ワークショップ 「ちひろみたいに絵本をつくろう」 4月28日~29日

 絵本1 絵本2

 講師:村上 祐喜子さん

 ちひろのようにじんわりとにじんだ絵を描き、絵本をつくるワークショップを開催しました。2日間かけて作成した、世界に1つだけの絵本を手に皆さん大変喜ばれていました。

開幕式・記念講演会 4月13日

 いわさきちひろテープカット  いわさきちひろ松本氏

 いわさきちひろ講演会

 ちひろ美術館常任顧問 松本猛さん、丹波市議会議長 林時彦さん、友の会会長 進藤妙子さん、丹波市長 谷口進一、丹波市教育長 岸田隆博、館長 安田英樹による開幕テープカットを行いました。

 式典に続き、いわさきちひろのご長男でもある松本猛さんから「母、ちひろを語る」題し記念講演をしていただきました。参加された方からは「身近で愛のある体験談を飾り気なく話して頂き、感動しました。」「“生きる”への思いを力強く感じました。」と感想をいただきました。