イントラネットワーク更改業務公募型プロポーザルの実施について

更新日:2024年05月13日

ページID: 7979

イントラネットワーク更改業務 公募型プロポーザルの実施について

令和6年度 イントラネットワーク更改業務について、公募型プロポーザル方式により受託候補者を特定するため、以下のとおり募集します。詳細については実施要領及び仕様書等をご確認ください。

業務の名称

イントラネットワーク更改業務

業務の目的

現行のイントラネットワークは平成28年度に更改したものであるが、これまで大規模な障害やトラブル等も少なく、市民サービスの提供や業務に不可欠なインフラとして安定した通信環境を提供してきた。しかし、基本的なネットワーク構成が市制開始の平成16年以降から見直しができていないことや、機器の耐用年数を踏まえると、ネットワーク構成とネットワークスイッチ等の機器構成を一体で最適化させるべき時期を迎えている。

本業務では、現行ネットワークの利用状況や物理・論理構成の調査・棚卸しを行い、新イントラネットワークに必要な機能や役割の再定義を行うことで、本市の現状にあった、かつ将来を見越した最適なイントラネットワークを構築することを目的とする。

業務の内容

イントラネットワーク更改業務仕様書(別紙1-1)のとおり

履行期間

契約締結日の翌日~令和8年3月24日まで

委託上限額

231,120,000円(消費税及び地方消費税を含む)

配布資料

様式

質疑・回答

実施要領に基づき、令和6年5月7日(火曜日)午後5時までに受付した質問に回答します。回答は以下のファイルにて確認ください。

イントラネットワーク更改業務 質疑回答(PDFファイル:796.9KB)