丹波市立俳人細見綾子生家・無料開館

更新日:2024年03月19日

ページID: 3581

令和5年度冬季企画展 「俳人・桃史が歩んだ道と戦場」に合わせて

 春日歴史民俗資料館では、令和5年度冬季企画展として、春日地域出身の俳人・片山桃史[本名・隆雄](1912~1944)が遺した多数の家族への写真や手紙などを展示し、桃史が俳人として歩んだ道のりと戦地で目にした場景を探ります。あわせて、桃史が師と仰いだ市島の西山泊雲、泊雲の師である高浜虚子、丹波へ幾度も訪れた松瀬青々、青々門下で青垣の細見綾子、桃史と親交が厚かった日野草城など、桃史や丹波に関わりのある俳人たちを、関連資料とともに紹介しています。開催期間は、令和6年1月20日(土曜日)~3月10日(日曜日)までです。

 パンフレットは下記のファイルをご覧ください。

丹波市立俳人細見綾子生家 無料開放

 このイベントに合わせて、丹波を代表する俳人・細見綾子の生家を下記の日時に無料開館しますので、この機会にぜひ細見綾子生家へもお越しください。

  • 時:令和6年3月10日(日曜日) 10時00分~16時00分(最終入館は15時30分まで)
  • 所在地:丹波市青垣町東芦田1476
  • お問合せ:丹波市まちづくり部 文化・スポーツ課
    電話番号 0795-74-1050

丹波市立俳人細見綾子生家

開館時間 10時~16時(入館は15時30分まで)
通常は前日までに入館予約が必要です。

パンフレットは下記のファイルをご覧ください。

この記事に関するお問い合わせ先

文化・スポーツ課
〒669-4192 兵庫県丹波市春日町黒井496番地2
(春日住民センター・文化ホール内)
電話番号:0795-88-5057

メールフォームによるお問い合わせ